4月15日投票の練馬区議会議員補欠選挙で2万2753票をいただき、区議会に押し上げていただきました。

ご支援いただいた皆さまに心からの感謝を申し上げます。

「もっと練馬を、ここちよく。」

保育園への入園待機やきょうだい別園、民間委託を経験するなかで浮かんだ疑問。「子どもを大切にしない区政が、どうして高齢者やひとり親家庭、障がい者、マイノリティなどの弱者にやさしくできるのか」。

実態を反映しない低い待機児童数の公表。学校や敬老館、区民館を統廃合し、保育園も学童も民間に丸投げする区政。

「わたしたちは本当に区政から大切にされているのか」と問い直したい―。区政挑戦の原点です。

お金のあるなしにかかわらず、尊厳が守られる。自己実現できる。世代や地域、家族のつながりのなかで、幸せで穏やかな生涯を送ることができる。

大好きな練馬だから、もっと区民のための区政を。だれも置き去りにしない区政こそ、練馬にはふさわしいと思っています。

のむら説さんをよろしくお願いします

練馬区議会議員補欠選挙が終わりました。

私の後継・のむら説さんは、大激戦を制し3位で当選させていただきました。
皆さまに心からの感謝で一杯です。

今後は私も6名の区議団と連携し、皆さまの声を都政・区政に届けて行きます。

引き続き、よろしくお願いします。

東京都議会議員 とや英津子

ブログ

+

このたび「放射35号線(延伸部)を考える…

記事を読む

原発反対!再稼働反対!「練馬でもデモ」に…

記事を読む

 3月2日に開催された「必勝のつどい」に…

記事を読む

政策リーフレット

政策リーフレット



のむら説ジャンボビラ     

のむら説リーフレット     

のむら説リーフレット1
のむら説リーフレット1

のむら説リーフレット2
のむら説リーフレット2

[画像をクリックするとPDFファイルが開きます]