多胎児支援を充実します

2021年4月18日(日)

街中でときどき見かける双子用のベビーカー。全国ではだいたい100人に1人のママが双子や三つ子などの多胎児を出産しています。

練馬区ではこのたび、3歳未満の多胎児がいる世帯に、予防接種や乳幼児健診、多胎の会等に参加する際のタクシー料金の支払いなどに利用できる「こども商品券」(24000円分)を交付します。対象になる世帯には案内と申請書が送付されます。

そのほか、多胎児世帯の負担軽減ために掃除、洗濯、食事の支度や健康診断の同行などを支援する育児支援ヘルパー事業の利用料金減額。保護者が仕事や外出などでお子さんを預かってほしい時に使えるファミリーサポート事業の利用券も交付を受けることができます。