ワクチンと並行しPCRの拡充を

2021年4月15日(木)

 ワクチン接種は希望者のみです。接種の効果が社会全体で確認されるには、かなりの時間を要するといわれています。接種と並行して、これまで以上にPCR検査など感染防止の基本的施策を強化する必要があると考えます。

感染者を広範囲に把握・保護してウイルスを抑制していくために、とりわけ感染リスクの高い医療機関や小中学校、介護・高齢者施設をはじめとして網羅的・定期的な検査継続を今後とも、つよく要求してまいります。

感染拡大が続いているもと、今夏の五輪開催の是非が問われています。日本共産党東京都議団は五輪を中止し、コロナ収束にあらゆる力を集中するよう1月26日、小池百合子都知事に申し入れました。

申し入れでは、都はウイルスを完全に抑え込むために東京都の持てる組織力、財政力、知恵をコロナ対策に集中すること。また、国や組織委員会、国際オリンピック委員会、関係機関に働きかけて、開催の是非についてゼロベースで協議すること等を求めています。

ウイルスをめぐる日米欧6カ国の世論調査では、東京五輪開催に反対する回答が日本と英国、ドイツで過半数を占めました。日本の調査結果は反対が56%で6カ国中最多でした。