としまえん学習会

2020年9月6日(日)

としまえん跡地は石神井川はさみ南北で22ヘクタールある。うち石神井川の北側が11ヘクタール、西武グループが米ワーナーに対して30年間にわたり貸しだす土地は黄色の点線内で9ヘクタール。その範囲内で建造物はハリポタのメイン施設3ヘクタール(高さ19メートル)と立体駐車場0.8(同14メートル)になる。

植物や昆虫の在来種などが数おおく息吹く自然ゆたかなとしまえん跡地に、圧倒される巨大な人工建造物が2023年末には現れる。このあたりの住宅地は条例で10メートル以上の建物を建設することが禁止され、事業者による日影図をみると12月の冬至前後は北側の住宅地に影がおおきく張り出すことがわかる。

5日〝としまえんの未来を考える会〟主催の学習会には、比較的わかい方が何人も参加されていて、こころ強かった。そこの住民にとってどんな住環境が好ましいのか、どんな環境を将来に残していくのか、みんなで一緒に考えていけたらと期待がもてた。