PCRセンターを新設

2020年8月23日(日)

新型コロナウイルスの感染拡大と毎年秋口にはやるインフルエンザを見越し、PCR検査検体採取センターが新設(場所未定・9月末予定)されます。敷地内に設置された2つのトレーラーハウス内でのウォークスルー方式で、唾液ではなく鼻の粘膜をぬぐうやり方を想定しています。

区内には光が丘7小跡地にセンターを構えていましたが7月末に閉鎖されています。今度は1日30件程度(週3回、1日2時間)の検体採取が可能といいますが、今後の状況によって対応できる件数には拡張性があるようです。

地域のかかりつけ医がPCR検査の必要を判断した場合、かかりつけ医が区医師会に設置された予約センターに直接予約を行います。この際、保健所を経由しないことから業務の軽減が期待されています。