弁護士

2019年3月2日(土)


  

パパ友です。ともに練馬の保育運動にかかわってきました。説さんは、子どもたちへの愛情あふれたナイスガイ。熱いハートとクールな頭脳で、誰もが安心して出産・子育てできる保育行政の実現に腐心してきました。

区内には認可園に入れない子どもが1500人もいて、区立園の民間委託が推進されたことから、保育の質の低下が子どもの成長と発達を阻害しています。子育てを自己責任や「保活」から解放し、待機児ゼロ実現のために、説さんは区議会になくてはなりません。

わたしは仕事柄、生活苦にかかわる相談をよく受けますが、法律で解決できない案件はたくさんあります。だからこそ、マジメで一生懸命に生きてきた方々を支え、本当に親身になって力を尽くしてくれる政治の力がいまこそ必要だと思うのです。

一覧はこちら