性的マイノリティー当事者

2018年10月9日(火)


自身の性に違和感おぼえたのは思春期のころ。好意をもった相手の性別に戸惑ったのを覚えています。「普通」への同調圧力と異性愛以外の者に不寛容な社会。家族や友人と一緒にいる時でさえ、そのなかで苦しさにもだえ、いままで息をひそめて生きてきました。

いま、少なからぬ人たちが虹色の旗をかかげ、顔をあげ始めています。性の垣根を取り払い「だれもが自分らしく」と。LGBTを認めることは、多彩な個性のあり方を認めること。ゆたかな多様性を受け入れ、発展させる社会こそ、生きやすさのはじまりだと思うのです。

説さんは、ひとに垣根をつくりません。先入観や偏見で人を傷つけることもありません。飄々(ひょうひょう)としたポップな笑顔に、繊細であたたかい思いやりがあります。同郷で同学年、筋トレ好きが共通点。説さんと一歩ずつ、自歩を固めていけたらと思っています。

一覧はこちら