エルサレム在住・平和活動家

2018年8月9日(木)


東エルサレムのシェイク・ジャラで毎週末、占領や入植への抗議デモをしています。2015年春、イスラエル国政選挙の現地取材にひとりで来ていた説っちゃんが偶然そのデモを目にとめ、車から降りて陽気な英語で話しかけてきたのです。すぐに仲良くなりました。

丸腰のパレスチナ人を完全武装のイスラエル軍が制圧した同年3月末の「土地の日」。エルサレム旧市街のダマスカス門付近は催涙ガスがたちこめ、建物の屋上には狙撃手が身構えるなか、カメラを手に腰を低くかがめ、必死に現場を追う彼の姿が印象的でした。

支配する側とされる側、抑圧する側とされる側を鋭くかぎ分ける彼の嗅覚は、政治の場でも存分に発揮されると信じています。アラブの屋台でいっしょに買い食いしたこと、エルサレムのバーやわたしの自宅で毎晩のように語りあかしたこと、いい思い出です。

一覧はこちら