同性カップルの『パートナーシップの公的認証』を求める陳情書

去る5月16日、「同性カップルの『パートナーシップの公的認証』を求める陳情書」が練馬区議会議長あてに出されました。署名665筆が添えられています。

陳情とは国民の権利で、自治体に意見や要望を伝え、適切な措置をとるよう訴えることです。

同陳情は要旨で、「区が性的マイノリティにとっても住みやすい、魅力ある多様性が認められる都市となるよう、同性同士で生活する者も家族として扱う『パートナーシップの認証制度』の創設に向けた検討を開始するよう区に働きかけてください」と明記されています。

2015年に渋谷区で「同性パートナーシップ条例」がつくられ、世田谷区でも「同性パートナーシップ宣誓制度」がつくられました。以来、全国の複数の自治体で同性パートナーの認証制度が始まっています。

同時に、複数の大手民間企業でも、同性カップルの社員に対して異性婚と同様の福利厚生を適用したり、同性カップルの遺族に対しても死亡保険金の受取人としての地位を認めるような動きが進んでいます。

練馬区議会では2015年末、こんなことがありました。

自民党の小泉純二区議が本会議で「同性婚で子どもは生まれない」「婚姻は次の世代を生み育てること」などと発言。性的少数者への人権侵害だとして、マスコミにも大きく取り上げられるなど問題になったのです。

新日本婦人の会・練馬支部は2016年1月、この発言を看過しない立場を示し「性的少数者同士の『結婚に相当する関係』について区に公認を求める陳情書」を提出しています。

6日夜、陳情の代表者らと区議会野党有志が出席する会合が催されました。
代表はここで「摩擦が強いのは今だけ。社会の進展によって、この陳情の内容は自然に社会となじんでいく」と話されていました。

好きな人と一緒に暮らしたり、家族になって社会から認知され、祝福されたい。そう願うのは性自認のあり様にかかわらず、当然の欲求です。にもかかわらず、異性愛者が婚姻による法的保護を受けられる一方、同性愛者に同様の立場は用意されてはいません。

パートナーシップの公的認証は、性差別と偏見へのささやかなたたかいです。
誰もが人間として大切に扱ってもらえ、ありのまま自己実現できること。
これなしに多様性が息づき、個性が包含される街づくりへの変革など望むべくもありません。

同陳情は、6月15日の企画総務委員会に付託されます。

必勝のつどい

 3月2日に開催された「必勝のつどい」には本当に多くの方々にお集まりいただきました。あらためて感謝申し上げます。トランペッターや芸人さん(?)、後援会の皆さんからのプレゼントが場をおおいに盛り上げてくださいました。

 わたしは最初は少し緊張していたのですが、みなさんが思っていたよりリラックスされていて、徐々にほだされていきました。ありがとうございます。

 のこり1カ月、投票日まで駆け抜けますので、どうか最後まで支えてください。よろしくお願いいたします! (きょうは久しぶりに1日、やすませていただきました)

四季を感じて

街宣中に見つけた梅。

もうこんな季節なんですね。

(とや英津子:撮影)

成人式宣伝

8日、練馬区の豊島園遊園地前で党と後援会による成人式宣伝を行いました。

練馬区ではこの日、区内の新成人がここに集まり、かれらは式典の後、無料で遊園地を解放されました。わたしはこのことを9年前に練馬区に越してきて初めて知り、「うらやましいな〜!」と感心しました。

わたしの成人式は20年前、進学先の愛媛から愛知に帰郷して出席しました。夜は中学校のクラスメイトと騒いだのを覚えています。みんなどうしてるかな? また会いたいな〜!

宣伝では「改憲NO!3000万署名」を集め、多くの新成人に協力してもらいました。

平和が嫌だなんて、思っている人はいない。あらためてそう確信しました。

2枚目の写真は、カトマンズ出身で日本の国際大学に通う女性。同じく二十歳を迎えたということで、トラディッショナル衣装を着て参加されていました。みんな、おめでとう!!

練馬駅西口

今朝も寒かったですね〜。練馬駅西口でとや都議といっしょに宣伝してきました。

西口は区役所職員の方がよく使われます。区役所は今日が仕事納めでした。

政府が、海自の「いずも」をステルス戦闘機F35Bが発着艦できる攻撃型空母に改修することを検討し始めたことを紹介し、「平和憲法を名実ともに守ろう」と元気にあいさつしてまいりました 。

練馬区大忘年会

市民による練馬区大忘年会がココネリホールで開催されました。

日本共産党の補選候補者(投票日は来年4月15日)として紹介を受け、舞台でスピーチさせていただきました。

加えて、200人近くの参加者らと会場でご挨拶。握手をして、抱擁をして、みなさまからの期待と激励が胸に響きました。ありがとうございました!

歓迎会

この9月に入党していただいた38歳男性の歓迎会に参加してきました。

この方はレストランオーナー。彼のお店で、彼の料理を食べながら入党の心意気などをうかがいました。

「赤旗」日刊紙購読の要請にもこころよく応じていただきました。ありがとうございます!

住民福祉って? 学習会

区立保育園の女性保育士の方が「保育は人間同士の信頼関係」だと言っていたました。

練馬では保育園の民間への委託が促進されていますが、外部講師を招いた英語の授業や「アート」の授業もいいけど、保育の本質ってもっともっと奥深くて、ロマンに満ちたものなんだと思っています!

in 練馬春日町駅前

坂尻議員と朝宣してきました。

安倍政権による改憲発議を許さぬたたかい、3000万人署名への協力などを訴えてきました。

「のむら説を知る会」

 党豊西応援団の方々に表題の集まりを企画していただきました。

20人弱もお集まりいただき感激です!

参加者からは、きびしい(笑)批判や要望も出していただき、身を引き締めました。

寒いなか集まっていただいたみなさん、本当にありがとうございました!