大型トレーラー運転手

名古屋港を拠点に6年、ともに海上コンテナを積んだ大型トレーラーを引っ張りました。四季を五感で味わえるのは現場労働者の醍醐味です。深夜の運転、眠たいときや孤独なときも、どこかで同様にハンドルを握ってくれている運転手仲間は、こころづよい。

説は、話し相手であり、グチを吐ける相手であり、時には真面目な話もできる数少ない後輩でした。最初は「大学を出て、どうして運転手なの」と思いましたが、どんな仕事にも優劣をつけず、シャバにうまく馴染めない連中とも自然に打ち解けていました。

汗水たらし、体を使って稼いだ現場経験はどこに行っても通用します。高学歴の金持ちだけが社会全体の利益を独占しているのはおかしい。矛盾を感じつつも、うまく表現することのできない底辺の者たちの代弁者になってくれたらと、期待しています。

システムエンジニア

 

IT事業を区内で立ち上げて6年になります。政府は「女性の活躍」を推奨してきましたが、〝ガラスの天井〟はまだまだ厚いと痛感します。政治や職場、家庭でも地域でも、今後さまざまな意思決定の場でいっそうの女性と母親の参画が期待されます。

説さん家族とは保育園への送迎や季節行事の折、子どもたちと楽しそうにかかわる姿を拝見してきました。子どもが、障害者が、あらゆるマイノリティーが自分らしく暮らせる・・笑顔の絶えない街づくりをここ練馬で説さんと一緒に取り組んでいけたらと思います。

わたしが比較的廉価で開講している子ども向けプログラミング教室は、経済格差からくる教育機会の不平等を、少しでも是正したいという思いから始めた事業です。プログラミングが義務教育で必修化されるなか、子どもたちの将来に微力ながら貢献できればと考えています。

年金生活者

  

2018年末、同居していた兄が他界しました。それまで、なんとか二人でやってきた生活は苦しくなり、豊玉のアパートからも出ていかねばならなくなりました。私は地域の共産党の友人に相談し、野村さんを紹介してもらいました。

野村さんは、兄が闘病している時から毎日のように電話をくれ、話を聞いてくれました。なんども区役所2階の生活福祉課に一緒に行ってくれて、手続きを助けてくれました。つぎは私が恩返しをする番です。

政治は私にとって未知な世界でしたが、ひとは政治に救われもします。尊厳が大切にされないまま、余生をおくる高齢者は少なくありません。困っているひとのために、これほど心を砕いてくれる政治家が練馬にいることを、みんなに知ってほしいのです。

弁護士

  

パパ友です。ともに練馬の保育運動にかかわってきました。説さんは、子どもたちへの愛情あふれたナイスガイ。熱いハートとクールな頭脳で、誰もが安心して出産・子育てできる保育行政の実現に腐心してきました。

区内には認可園に入れない子どもが1500人もいて、区立園の民間委託が推進されたことから、保育の質の低下が子どもの成長と発達を阻害しています。子育てを自己責任や「保活」から解放し、待機児ゼロ実現のために、説さんは区議会になくてはなりません。

わたしは仕事柄、生活苦にかかわる相談をよく受けますが、法律で解決できない案件はたくさんあります。だからこそ、マジメで一生懸命に生きてきた方々を支え、本当に親身になって力を尽くしてくれる政治の力がいまこそ必要だと思うのです。

元衆院東京9区 市民と野党の共同候補

   

毎朝の保育園への送りとお風呂は説パパのお務め。労働者の深夜残業が社会問題になったときに、練馬駅前の宣伝で「夜は愛しあう時間!」とスピーチをした説さん。家族を大切にする彼らしいフレーズでした。

フットワークの良さにはいつも驚かされます。だれに対しても自然に溶け込んでいく度胸と素直さ。気さくに打ち解けた雰囲気をつくりだす天性。市民と野党が共闘する時代、その才能はこれからも存分に発揮されるでしょう。

多くの人々が自民党に代わる新しい政治を切望しています。野党が本気で手をつなぎ、圧倒的多数の市民とともに自由と民主主義を取りもどす。毎日の生活が大切にされ、人間性が大切にされる未来社会の幕あけを、ともに展望していけたらと思っています。

練馬区自殺対策計画にかかわり

1998年に全国で年間3万人を超えた自殺者は2010年以降、ようやく減少傾向となっています。しかし、いまでも2万人台の高い水準で推移して、練馬区でも2016年までの5年間に年平均125人が自殺しています。自殺者1人につき、その背景には10人の未遂者がいるといわれています。

2017年に閣議決定された自殺総合対策大綱では、①自殺は追いつめられた末の死②自殺は防ぐことができる③自殺を考えている人は悩みながらもサインを発している。と3つの基本的考え方を示しています。これは、自殺は個人の選択などではなく、周囲の気づきで適切な支援につながれば自殺は防げるということです。

自殺対策は、特定の専門家や関係者だけで対策をすすめていくものではなく、「みんなの仕事」であり、ゲートキーパー養成講座を修了した住民を増やしていくことが重要です。

長崎県では当初、弁護士や医師・薬剤師、自治体の窓口職員など主に相談業務に携わる人々を対象にゲートキーパー養成講座を行っていましたが、それを飲食店の店主、タクシー運転手、理容師、美容師や大学生、PTA、スナックのママさんにまで対象を拡大してきました。これにより「正しい情報を日常的な信頼関係のなかでさりげなく伝えられる」ゲートキーパーが5000人以上も養成されています。

日本の自殺の現状をみると、主要先進国の中でも自殺率が高く、15~34歳の若い世代で死因の第1位が自殺となっているのは先進国では日本のみという特徴があります。

勤労者を過労自殺に追い込むなどということは絶対にあってはなりませんが、長時間・低賃金のブラックな働き方を放置したり、勝ち組と負け組を無理やりつくりだすなど、これほど格差と貧困を蔓延させてきた政治と経済政策を根本的に転換することが重要です。

そして社会保障や医療制度の底上げをし、過度の競争教育を改め、学校でも職場でもいじめをなくす。だれもが人間らしく尊厳が重んじられる、対立と分断の社会から、連帯と共同の社会への施策の転換をはかる。これこそが自殺者をなくし、一人も置き去りにしない社会の実現に向けて不可欠なのではと思います。

役者(東京芸術座)

「arm’s length(アームズ・レングス)」という考え方があります。行政のあり方として、文化・芸術に「カネは出しても、口は出さない」という意味です。独立した自由な創作活動を長期的・持続的に保障し、だれもが文芸に親しみ、豊かな人間性をはぐくむための礎です。

わが国は昨今、文芸に経済効果を求め、いかに稼ぐかを作品や事業の評価基準にする傾向を強めています。憲法が保障する「表現の自由」が侵害される一方、国家予算に占める文化予算の割合はわずか0・1%。諸外国と比較しても文化振興への意識の低さは際立っています。

閉塞感が社会全体を包み、日本人は〝生きづらさ〟という国民病に苦しんでいます。わたしは演劇人として、説さんは議会人として、誰もがのびのび自分らしく暮らせる世の中を取り戻したい。そのためにも是非、練馬区の皆さんには説さんを応援して欲しいのです。

小竹向原駅のエレベーター設置について

小竹向原駅への2基目のエレベーター設置を要望する陳情を、区議会第3回定例会で全会一致で採択したのを受け、区交通企画課は11月26、27の両日、当該事業者である東京メトロ及び西武鉄道を訪問し、要望書を手渡しました。

後日、同課から聞き取った内容を要約するとメトロは「2ルート目のエレベーター設置の必要性は認識している」とし、より練馬区民が多く利用する②番口への設置を区が要望すると「①番のほうが実現可能性は高いが、②番も検討している」との回答でした。

西武については、「ホームドア設置もあり、エレベーター設置とどちらを優先するかを社内で検討している」と回答しました。

両事業社とも取締役が対応し、区は「設置に前向きな印象をもった。今後もひきつづき要望していく」と述べています。

同駅①②番口のバリアフリー化は地元住民の10年来の悲願であり、自由なアクセス権を保証するうえでも実現が望まれます。お年寄りや障害者、ベビーカーを使う家族らにとって1日でも早く利用しやすい駅になるように、これからも全力で設置運動を推し進めていく覚悟です。

保育死亡事故にかかわり

10月3日、区内の認可外保育施設「若草ベビールーム」で生後6カ月の乳児が死亡する事故が発生しました。本来、認可外保育施設は東京都が立ち入り検査を年1回以上することになっていますが、全体の2割弱しか実施できていません。そんな中で、当該園は3年連続で立ち入り検査が行われ、乳幼児突然死症候群の予防への配慮不足など今回の事故につながる問題が何度も指摘されていました。

認可外というだけで、環境が劣悪と判断すべきではありませんが、昨年度、都が行った認可外保育施設への立ち入り調査では、実施した施設の7割以上で文書指導が行われ、児童育成協会が行った「企業主導型保育所」への立ち入り監査では、7割が基準を下回っており、認可と比べ基準が緩く指導監査も不十分な認可外施設は安全性に不安があることは明白です。

乳幼児突然死症候群を予防するためには乳児の場合、5分に1回の呼吸確認が望ましいとされていますが、都の認可外保育施設指導監督基準ではきめ細かく観察することと記載があるのみです。実際、若草ベビールームでは0歳児にもかかわらず15分に1回を基本とし、それさえ守らず、30分も放置したと報道されています。都へ5分に1回など時間を決めた睡眠時呼吸チェックの義務付けを求めると共に、区が実施する巡回指導でも5分に1回の確認を確実に実施するよう徹底すべきです。

区は待機児が発生している原因は地域でのミスマッチとし、認可外保育施設は保護者の選択肢の一つとしています。しかし、若草ベビールームに預けられていた子どもの概ね半数が認可保育所の申請をしていたことからも、選択の結果ではなく認可保育所に入れなかったため認可外保育施設を利用せざるを得ないのが実態ではないでしょうか。

都が5月に発表した保育ニーズ実態調査報告書によると、保護者が利用を希望するサービスは公立・私立を合わせて認可保育園が91・2%と圧倒的多数ですが、利用しているサービスは認可保育園が38・4%で、認可園の不足は明らかです。

内閣府が2015年に実施した国際比較調査では、「子どもを増やせない」理由として「子育てや教育にお金がかかりすぎる」「働きながら子育てができる職場環境がない」といった回答が日本は他国よりも多く、安心して子育てできる環境が不十分であることが浮き彫りとなっています。

アコーディオン奏者

自宅のある埼玉県所沢市から東京都練馬区まで毎月3回、10キロのアコーディオンを担いで通っています。「うたごえ」をこよなく愛するわたしを、野村さんに取材していただいたのが最初の出会いでした。2010年の夏のことです。

取材を通じて、野村さんの明るくて、ひたむきな人柄に触れました。「こういう青年がこれからの日本を背負っていくんだなぁ」 と、私もパスポートを手に米軍占領下の沖縄にわたった血気盛んだった頃の青春時代に戻った気がしたのを覚えています。

笑顔で快活な野村さんがいつも身近にいてくれること、しあわせです。わたしもささやかながら文化や福祉に関わっていますが、地方自治の役割がいまほど問われている時はありません。地方議員としての活躍にこころから期待しています。