コロナ陽性率の開示を!

2020年7月28日(火)

本日午前に開かれた保健福祉委員会でのコロナにかかわる質疑。新宿や中野、杉並、世田谷のように①新規感染者②検査数③陽性率の3項目を随時、HPで開示している特別区は12区あります。一方で練馬区は新規感染者数のみの開示です。

わたしから「区は3項目の公表は不要だと考えているとの認識でよろしいか」とただしたのに対し、「検体は区民だけでなく、埼玉県で検査している人もいる、自費の人もいる。なかなか正確な数は把握できない」との答弁。「他自治体でやっていることがなぜ練馬区ではできないのか」とも問いましたが、「正確な陽性率をだすことは困難」との返答に終始しました。

きょうの質疑で7月3日から開始された唾液による検査数が25日までに442件(うち陽性35件)との報告がなされました。唾液検査による陽性者数の公表はするのに、鼻腔検査の陽性率(検査数の累計ふくめ)は「困難」だとして答弁しない矛盾ぶりでした。