成年後見制度を活用ください

2020年7月5日(日)

認知症や知的障害 、精神障害等により判断能力が十分でない方の権利を守るための成年後見制度の中核機関が練馬区に設置されました。国の青年後見制度利用促進計画に基づくものです。練馬では、区社会福祉協議会権利擁護センターが受託しています。

制度を必要とする人が、利用につながり、住民のみなさんが安心して地域生活を送れるよう、制度の周知普及や相談事、申し立ての支援等を充実させます。地位の関係機関や専門職と連携し、支援強化していきます。

後見人等を受任した親族らが円滑に後見業務を行えるよう相談も受けています。利用に際しては、支援できる親族等がいないなどの条件があります。相談のある方は 練馬区社会福祉協議会権利擁護センターまでご問合せください。