都知事選は宇都宮さん!

2020年6月30日(火)

今週末7月5日は東京都知事選挙の投票日。わたしは弁護士の宇都宮けんじさんを応援しています。日本弁護士連合会の元会長であり、クレジット・サラ金の被害者救済に奔走した『火車』(宮部みゆき:著)のモデルでもあります。わたしも上下巻、読みました。

わたしが宇都宮さんに初めて会ったのは2007年10月、宇都宮さんが代表を務める「反・貧困ネットワーク」の設立総会の時でした。そこには雨宮処凛さんや湯浅誠さんなどもいて、当時、まだ認知が不十分だった貧困の社会的可視化を目標にしていました。

コロナ危機に便乗するかたちで現職知事が圧倒的に優勢とみられるなか、だれよりも早く立候補を表明し、派手さはないが実直に誠実に世間の底辺をなめる人たちに寄り添い、弱者をまもり、ひとりひとりが希望を持てる東京の実現に腐心する活動を続けています。