「としまえん」閉園~防災公園へ

2020年6月19日(金)

 都市計画練馬城址(じょうし)公園(現「としまえん」)に、土地所有者である西武グループが敷地東部にスタジオ型の「ハリー・ポッター」テーマパークとする新たな事業展開を構想している。報道によれば「としまえん」は8月末に閉園し、2023年の「ハリポタ」開園を目指すという。

 6月12日、東京都と西武鉄道、ワーナーブラザーズ、伊藤忠商事、練馬区が覚書を締結した。そこには「機能に関する基本目標」として〝緑と水〟〝広域防災拠点〟〝にぎわい〟を位置づけ、段階的な整備を進めるとある。「ハリポタ」施設の設置可能期間は運営開始日から30年間だそうだ。

 区議会第二回定例会の最終日だった19日、「都市計画練馬城址公園の事業化に関する意見書」を全会一致で採択した。この動きはこの間、事業化の動きについて報道が先行し、練馬区の情報収集と開示が後手後手だったことに対する議会の不満表明であるとの意味合いも強いのでは思う。