告示まで1週間

2019年4月8日(月)

いよいよ1週間後に告示をむかえる練馬区議会議員選挙。最後まで全力で走り抜けます。

わたしがこの間、とくに街頭で訴えていることは行政の責任です。というのも、練馬区はとりわけ前川区政になって以来、保育園や図書館などの公共施設を営利目的の民間事業者に運営を委託推進して、行政の責任を放棄しているからです。

1200億円もかかる都市計画道路の建設予算を聖域化する一方、税金に医療、介護保険、国保、消費税と負担は重み、わたしたちの生活はすこしも楽になりません。

みどりバスの30分に1本の運行も、国保料の引き下げも、学校給食費の無償化も、病院の増設も、小中30人学級も、各駅のホームドア設置もいまだ実現していないのです。

私たちの税金を大切に使ってほしい。私たちのささやかな生活をしっかり守ってほしい。そんな声を区政に直接とどける地元の共産党区議会議員が必要です。